Iライン脱毛って必要なの?Iラインの脱毛ってどうすればいいの?…そんな悩みを持つ女性は少なくないでしょう。
最近は当たり前にもなってきているIライン脱毛ですが、やはり場所が場所だけに人に聞くのも聞きにくい場所です。
そこでココではIラインのお手入れ方法からキレイに脱毛する方法をご紹介します。

Iラインについて

Iラインとは女性器の外陰部に沿った縦のラインをIラインと言い、処理をせずにそのままにしておくて下着から毛がはみ出てきます。
Iラインのムダ毛を処理する事で臭いや菌の増殖・ムレを抑える事が出来ます。

Iライン処理方法について

VIOラインの中でI・Oラインは皮膚が薄く弱い部分ですから、間違った方法でお手入れすると肌荒れを起こす原因になります。
ですので、お手入れはお肌負担を考えた処理を行わなければいけません。

方法としては、

◆電気シェーバー…自己処理
◆永久的に脱毛したいなら…クリニックによる医療レーザー
◆安く脱毛したい…サロンの光脱毛

以上の方法がありますが、頻繁にお手入れをしなければいけない方はクリニック・サロンでIライン脱毛を行う方が良いでしょう。

クリニックなら永久的

医療クリニックで行われている医療レーザーで処理を行えば、永久脱毛が出来ます。
その上、きちんと医師のカウンセリングに始まり、その人に合った施術を行えるので安全です。
痛みはサロンに比べると強いかもしれませんが、回数を減らす事が出来るので素早く安全に済ませたい方はこちらがオススメです。

Iラインは夏場の水着を着る時に人目につく場所という事で今は日本でもエチケットとして、Iラインのお手入れをクリニック・エステで行っている女性は増えています。
また、衛生面においても女性特有のムレや生理時のかぶれを抑えるというメリットが多いですので、どうしようかと悩んでいる女性は自己処理によるデメリットで悩むよりもこの機会に是非クリニック・エステでの処理を試してみてはいかがでしょうか?

「本当に肌に良くて効果の高い」Iラインのお手入れ方法とは?

Iラインは粘膜部分にあたるので自己処理には適していません。
お肌トラブルが起きやすく正しい方法で処理しなければいけません。
そこで、お肌にダメージが少なく効果があるIライン脱毛についてご紹介していきます。

Iラインを脱毛するにあたるメリットとは

○下着や水着着用時に毛がはみ出る事がない。
○生理時に毛によって起る痒み・かぶれ・ムレが軽減されて衛生面の心配が減る。

というように、見た目から与えられるストレスや、生理時や夏場のムレや菌の繁殖を抑え清潔でいられる事があげられます。
Iライン脱毛をしたおかげでこうした不快感が軽減出来たという意見は多くあります。

エステでの施術について

Iラインを脱毛する場合にはVライン等の施術と同じで、施術時間もスタッフによりますが、手際のよい人なら5分~10分程度で一度の施術が終了します。
痛みについては個人差があり、色素沈着を起こしている場合や色黒の方はちょっと痛みが強く出る傾向があります。
部位については粘膜部分以外は脱毛する事が出来ます。
また、エステによりIライン脱毛を行っていない所もありますので、事前にチェックしておく事を忘れずに。

エステよりはクリニック?

Iラインという場所は効果を感じにくい場所となっています。
どうしてかと言うと、体のその他の部位と比較した場合に色素が濃く、毛も濃ゆい場所で毛嚢炎を起こす確率も高いという事から、光の出力が他の部位に比べて低めにして施術を行っているからです。
エステは医療機関ではないのでトラブルを避ける為に慎重になりますし、それが理由となって更に効果を実感出来るまでに時間を有するという事になるのです。
そういった理由からも早めに済ませたいという場合にはエステよりはクリニックでの医療レーザーが良いのです。
医療レーザーでしたら光よりも出力が高く約3倍位の差がありますので、それだけ早く終了させる事が出来るのです。

まとめになりますが、より早く効果的にお肌にダメージを与えずにIラインの処理を行いたいのなら、エステよりも少し割高にはなりますが、クリニックでの施術が適しているでしょう。
この機会に是非検討してみてくださいね。

光脱毛によるIラインのお手入れはどこでできる?

皆さんはIラインのお手入れってどの様に行っていますか?Iラインはお肌の中でも弱い部分なので自己処理の仕方を間違えると、思わぬお肌トラブルに繋がるので気をつけなければいけません。
そこでお手入れ方法について解説していきたいと思います。

処理方法について

クリニック・エステとプロに脱毛してもらう方法以外に、自己処理でカミソリ・ジェーバー・ワックス・毛抜きで行っている方も少なくないでしょう。
けれど、ダメージを受けやすい部分となりますので、やはり自己処理を続けるよりはクリニック・エステでIライン脱毛を行う方が良策です。
今すぐは無理という方は、電気シェーバーかヒートカッターで処理すれば多少は軽減出来るでしょう。

失敗を避ける為に

Iラインの脱毛を行う際によくある失敗で多いのが、Iラインのみを脱毛したらVIOゾーンを一緒にした方が安かったという事や、施術してもらったエステでIライン部分の粘膜にやけどをしたり、色素沈着を起こしてしまったという意見もあります。
やはりかなりデリケートな場所なので施術先はきちんと選別しなくてはいけません。
また、痛みが強くでやすい場所になっていますので、クリニックでレーザー脱毛を行った際に痛くて耐えられなかったというケースもあります。
そういった場合にはエステのフラッシュ脱毛の方が良いと思うので、自分自身の身体の状態に合う施術先を選びましょう。

施術について

Iライン脱毛って施術出来る範囲はどこまでOKなのでしょうか?
そもそも女性器周辺がIラインなので粘膜部分やそこに近い部分への手術を行うのは不可能と言えます。
やけどや色素沈着を起こしてしまう原因になるからです。
きちんとしたエステなどはIラインの粘膜部分や周辺への施術はお断りする所がほとんどです。

いかがですか?実際には自己処理を行うよりもプロに任せる方法が一番良い方法という事がご理解頂けたはずです。
光脱毛でアンダーヘアーの処理を考えている方はここでお話した注意点等を忘れずにエステで安全にIラインの処理を行っていただきたいと思います。

iラインのお手入れ方法

アンダーヘアーのお手入れで特に難しい部分としてIラインが知られていますが、やはり構造上も自己処理しずらい形ですし、間違って傷つけたりしたら大変な事になります。
そこでどの様にIラインはお手入れしていけばいいのがご紹介していきますね。

Iラインの処理は大事

処理が難しいIラインではありますが、男性達の意見としてもやはり処理しているのとしていないのとでは違うようです。
SEXの際にどうしても関わりがある場所ですので、邪魔と感じている男性は多いようです。
挿入時に毛が膣内に侵入したり、摩擦により痒くなりかぶれを起こしてしまったり、また毛による臭いが特に気になります。
毎回シャワーを浴びれる環境なら構いませんが、そうでない時に毛についたオリモノや尿が臭いを更にきつくしてしまいます。
そういった事からも処理して欲しいと考える男性は少なくありません。

痒み・かぶれを軽減できる

Iライン脱毛を行えば見栄えの他に、生理時・夏場・ストッキングによるムレやかぶれを軽減する事が出来ます。
ただでさえムレやすい場所なので衛生面や不快さを考えてもIライン脱毛は必須とも言えます。

自己処理に疲れた

日々の自己処理に疲れた…チクチクに耐えらえない…等色々な理由から脱毛を考えている女性も多いはず。
それなら、エステでIライン脱毛を行いましょう!!
今後一生自己処理をし続ける労力と時間を考えれば、脱毛を行う方がかなり効率的です。
最近はエステも以前の様な高額な場所ではなくなったので気軽に利用する事が出来ます。

痛みについて

施術時の痛みについてですが、やはり個人差はあるでしょう。
けれど、大方2~3回の間には慣れてくる痛みだと言います。
回数を重ねるにつれ色素は薄くなっていくので、心配はいりません。

以上がIラインのお手入れ方法でしたが、いかがでしたか?
最近では自己処理よりもエステで脱毛という方が増えてきています。
また、料金もお手頃という所が多いですので自宅でストレスを抱えながら自己処理を続けるよりも、エステ等でストレスなくIラインのお手入れを行って頂きたいと思います。

Vライン脱毛 口コミも一緒に見たいとお考えの人はコチラ